擦れて痛む心配なし|グルコサミンは関節のクッションや潤滑剤の役割

新しい商品や薬との関係

青汁

乳酸菌入り商品もあります

青汁といえば苦みがあるけど、栄養価が高く食物繊維も豊富であるため健康サプリメントとして人気があります。最近ではその青汁に、乳酸菌が含まれた商品も販売されています。野菜不足も気になるし、乳酸菌も摂取したいという人におススメの商品となっています。おなかの調子を整えるためには、食物繊維やオリゴ糖や乳酸菌は必要な要素です。青汁には食物繊維は豊富に含まれていて、また少量ですがオリゴ糖も含まれています。しかし青汁に足りなかったのは乳酸菌であったため、色々なメーカーで乳酸菌入りの青汁サプリメントが開発・販売するようになりました。中には日本人の体になじみやすいように、米から摂取された乳酸菌を利用している商品も販売されています。

薬との飲み合わせ

健康に良いサプリメントの青汁があり、毎日飲み続けている人も少なくありません。以前は不味い飲み物の代表として扱われていた青汁ですが、抹茶風味で飲みやすいタイプなど、最近では品質の改良も進み、飲みやすいタイプも数多く販売されています。ところで青汁は健康食品であるため、重篤な副作用の問題は知られていません。しかし食物繊維が豊富に含まれているため、過剰摂取することで下痢を引き起こす可能性もあるため、決められた用法は守る必要があります。またワルファリンと呼ばれる血液の凝固を抑える働きのある医薬品がありますが、この薬と青汁の相性は良くありません。一緒に飲むことでワルファリンの効果を弱める可能性があるため、併用は避けると良いです。